Lemur Lews / Tfu Ring White Oxdized

Brand, Kemur Lews
こんばんは。
震える寒さを忘れさせるここ数日、
いよいよ春の訪れを感じます。
先日、皆様にお伝えした通り、
used&select clothing
白翏/ハクリョウは
今ある店舗から、
名古屋栄に移転致します。
2か月間、今の店舗にて
様々な方と出会い、
お話しさせて頂きました。
これからは、
名古屋市栄ということで、
今まで以上に、様々な出会いがあるかと
心躍る気持ちでいっぱいです。
移転予定は四月、
詳しい場所についても
後日お伝え致します。
さて、本日は、
暖かくなって露出が増えるこれからの季節に
お楽しみ頂きたい作品たちの紹介です。
以前、SNS上で
紹介させて頂きました、
Kemur Lews
‐ケマールウズ‐
の作品たちを2点紹介致します。
Kemur Lews
-ケマールウズ-
以下コンセプトとなります。
Escapism
 (=Deviations for Re:creation)
Kemur Lews と皆様との出会いが、
新たな自分自身との出会い、
何時もと変わらぬ日常に対する非日常への
懸け橋となれば、
幸いで御座います。
Kemur Lewsの作品は
デザイナー本人が手作業で作り上げているため
 1つ1つ表情が異なります。
そちらも楽しんで頂ければ。
さて、そんな Kemur Lews の作品紹介へ。
Kemur Lews
“Tfu Ring White”
¥23,000- +tax
素材:silver925
ごつごつとした中にも
繊細さを持った作品。
表面の白さは、
白仕上げという加工をしております。
月日が経つにつれ、
真っ白ではなくなり、
表面が変化します。
経年変化も楽しんで頂きたい作品。
指に付けて頂く、
上側と下側に
ボリュームの違い。
周りから見た際の手の甲の
存在感はしっかりとしていますが、
逆に手のひらはすっきりします。
これだけごつごつとしているのに、
普段の生活で邪魔には感じません。
リングの内側の写真です。
しっかりと鏡面になるまで磨かれているため、
驚くほど手に馴染みます。
その感覚はまるで元々そこにあったかの様。
この心地よさからか、
ただ自分自身を飾る、
そのようなアクセサリーとは違い、
お守りのような、
暖かみを感じます。
生活の一部として
わたくしも日々身に着けております。
 着用した様子です。
存在感が御座いますが、
繊細な表情も持っています。
ボリューム感からは想像ができない程
ニュートラルな印象。
そのギャップが魅力的です。
男性の方はもちろん、
繊細さから、女性の方にも
身に付けて頂きたい作品です。
こちらの
Tfu Ring White
店頭には17号のみの在庫となります。
それ以外の号数については
オーダーが可能で御座います。
10号から1号刻みで可能です。
オーダー希望の方が
いらっしゃいましたら
DMなどで対応致します。
紹介の冒頭で述べさせて頂いた通り、
作品1つ1つで表情が異なります。
そちらも楽しんで頂ければ幸いです。
また、online shop 掲載は
明日21:00を予定しております。
Kemur Lews
“Tfu Ring Oxdized”
¥23,000- +tax
素材:silver925
先程のTfu Ring Whiteとは違い、
表面を燻しております。
こちらは着用していくと、
凹凸の凸の部分は燻し部分がはがれ、
中からシルバー部分が見えてくる一方で、
凹部分の燻しは残ります。
こちらも経年変化を楽しんで頂きたい作品。
こちらも、
上側がボリュームがある一方で
下側はすっきりした印象。
Whiteと同じく
鏡面になるまで磨き上げているため、
付け心地は他のアクセサリーとは
比べ物になりません。
Tfu Ring Whiteに比べ、
存在感があるように感じます。
ですが、Whiteと同じく
無骨さの中にも繊細さも感じられます。
こちらの
Tfu Ring Oxdized
店頭には19号のみの在庫となります。
それ以外の号数については
オーダーが可能で御座います。
10号から1号刻みで可能です。
こちらもWhiteと同じく
オーダー希望の方が
いらっしゃいましたら
DMなどで対応致します。
作品1つ1つ全て違った表情をしているため
その違いはご理解いただければ、と。
また、online shop 掲載は
明日21:00を予定しております。
その他の作品たちに関しましては、
また後日ブログにて紹介致します。
そちらも楽しみにして頂ければ、
幸いで御座います。
 日々を彩る作品たち。
Kemur Lews と出会い、感じたこと。
目で見て、肌で触れた感覚。
Kemur Lews との出会いで
何か”カタチ”が、
感じられるものが、
御座いましたら
幸いで御座います。
それでは、
おやすみなさい。
白翏